2016年02月18日

チが初めて登場

u=1806322154,3350500812&fm=21&gp=0.jpg
昭和5年の日本橋三越百貨店の食堂だったそうだ。
考案者は、食堂部主任であった腦部發展安藤太郎氏。
子供向けに、
お子様弁当、お寿司、洋食など、いくつかのメニューが
あったそうだが、
何と言ってもインパクトがあったのは、洋食。
主菜はいろいろだが、
決まって、きざみキャベツと、
山のような形にされたケチャップ色のチキンライスがあり、
その頂上には、日の丸の小旗が立てられていた。

それを見て、何ともハッピーな気分になった憶えがある。

この小旗、
創業時は三越のマークが印刷されていたそうだが、
商魂を見透かされたような格好になったせいか、
すぐに日の丸に変更腦部發展されたという。
その3カ月後には、上野の松坂屋にもお子様ランチメニューができ、
その後、瞬く間に全国に波及した。
どこの百貨店でも、
やはりスタイルは、この形だったようだ。


最近は、何と言っても暑い。
暑い季節になると食欲が減退する。
出て行きたくはないが、しかたなく
昼食を近くの食堂などで食べようとする。
メニュー覧を見ていると、
どれも少々量が多いと思うことがある。

そのため、目を凝らして、ちょうどいいメニューを追う。
中に、少量サイズを見つけ、これがいいと思腦部發展ったりするが、
よく見ると、
「これは、お子様メニュー」として書かれていたりする。
稀だが、中には、
「大人の方もどうぞ」とあったりする。
ありがたい。助かった!と言いたいところだが、

新幹線の形をした器に入っていたり、
おもちゃがついていたりするかもしれない、、。
そう思うと、一人で行った食堂で、
注文するのは、勇気がいる。
posted by stairhea at 16:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。