2017年06月06日

私はあなたの痛みを理解し、あなたは私の背中を傷つけます

ベッドルームの外に灰色の空を見てみると、草の湿った空気秦の味、私の胸の低い空気圧いくつかの吐き気の流れから時折雨、数日汚れた空気の力のペアを着て外出し、午前中に、風邪1週間の多くを無駄にいいえ、餃子を食べるのに長い時間のために食べていなかったすべてがちょうど母の電話を受け、とても退屈です:「!午後のおじいちゃんが亡くなった、」悲しいことに沈黙、沈黙、......明らかに非常に明確な心を、まだありません受け入れ、あなたが場所に行ったことを知っているが、その心は常に、一生を待っていることをいとわないだけで死ぬ、古い、古い、散乱......膽固醇食物
私はおじいちゃんに数回を満たしていませんでした印象は、おじいちゃんは、ちょうど劉明と呼ばれる大きな目を知って20年、体が薄い唇は常に閉じて、非常に厳しいですが、アップ言えば、常に非常に哲学的な方法です私の母は非常に若かったし、私の祖父は祖母と離婚して、コテージブレークストーブに住む人の内側の祖父は、数十年は、私は、食品飲料を購入する男性と結婚していないと、再び眠りに落ちたんでした常に、このような強い男がそうな曇りの日には、世界の別の場所に行くだろうと想像することはできません、私はいつも私たちはいくつかの良いZusun梁を持って、1日、私は祖父は自分の家を受信できることを考えました過去数十年の話をすると、言葉を言うのは難しいですが、私は私が私のために子供の頃の祖父の愛の経験がない感じ!しかし、我々は孤独な患者である、私が生き残るために続けて、あなただけ魅力的な寿命んことを除いて、心は、散逸散逸、煙でいっぱいにそう離れて、痛みのバーストを打つ......男性不孕
他の人は、すべてのお金を騙した、あなたはこの世界はあまりにも多くあると思いますので、時々あまりにも誠実に刺激された、あなたは、彼らはあなたが言う「精神疾患」侮辱したときに生きているが、あなたは若いので、私は、ことを知っています公正、そしてあなたの叔母を愛し、あなたが離婚している、と母親は三人の姉妹を持っている、あなたは、恐れていない疾患で拷問所有するためにすべての反対にもかかわらず、家を売って、叔母にすべての貯蓄が彼女の勉強をできるように、彼女の誠実な男に言いました、寿命のために他人を欺く健在、それがああ、人生は沈黙している彼の娘を明確にするための父の愛だったが、彼はすべての愛の叔母を与えてしまった、私は理解していない、あなたは神がそう強く望ん理由を理解していないしないでください、このような素晴らしい父、祖父離れてAbbott 男士保健
一年正月、あなたの父は、私は決して忘れないだろう一日の食事を吃音4の私たちの家族を引き継ぐためにバンを運転した後に、私の中学校、ジャケットを身に着けているおじいちゃんが壊れていると、壊れています夜光時計、暗い、唯一の次の歯が、私にはまだ非常に愛情外観は、彼の母親と祖父の関係は良好ではない、時間までの時間から数批判母の祖父は、母親にいくつかの単語を教え、注意を払っていないときに食べます彼の母親の視線をこっそりだろう、彼は彼の顔が良くないと、夕食を食べ、そして母親だけええと......
私は、私の祖父は脳血栓を持っていた、高校にいた移動することはできません、誰も世話叔母はおじいちゃんは、私は私の祖父の世話をしながら、彼の母親は三年目の世話をしながら、そこに住むことを行ってみましょうするために家を買っていない、と後で乳母を雇った、私がかつて聞きました母親が祖父はすべて行っている、ベッドに乳母を引くために数回はクリーンアップしたくないと述べ、乳母がによってぼんやり座って知ってベッドの中でそこに引っ張ってきた、私はとても怒っていた......母は、私は1つのオンラインを買って、おじいちゃんの髪が長いとフェーダーは、母おじいちゃんの手の外科医は精神の多くから、彼の頭を剃るために、おじいちゃんは微笑みました。
この日に、私はまだ私の祖父は私に希望を与えた感じることができ、私の父は言った子供のように私の祖父は特に苦痛ではなく、誰もが近い私に取得したが、今、私が実行して、呼び出し、淡い叫んで、無限の闇を考えてみましょう枯渇するまで、地面に落ち、星が、私は本当に世界があなたを見ることができる場所に行きたいの空を見ることができませんか?
祖父、私たちは再び、世界のいくつかのコーナーを満たす必要があります知っている曽祖父、私はあなたの痛みを理解し、あなたが私の背中を傷つける、あなたと私は塵の斑点この世界が、最終的に決着!
posted by stairhea at 12:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

「老いない女の子」が20年、発育しないようにして

あだ名は「不老女児」のにじゅう歳アメリカ女の子・グリーンバーグ-ブルック、先月亡くなった。にじゅう歳のブルック体重ないじゅうキロ、身長はため0 . 76メートル、1歳の女児のように、亡くなる前はずっと生活揺りかごの中で、今も長い乳歯だけやあやあと言葉をまね始める。容貌には赤ちゃんの外、知能も嬰児状態に留まっている。
ブルックはアメリカいくつか有名な医学觀塘找換店機関で検査を受け、しかし医学専門家たちもできない彼女の病気に感染のため、医学の専門家たちは彼女の病気を取った「X症候群」の名前。
医学専門家たちはブルックの細胞やDNAサンプルの研究を行って、希望からブルックに発見の一種「遺伝子の突然変異現象」――、ブルック古くなることはできませんの遺伝子の突然変異。彼らは信じて、もしこの遺伝子が隔離脫髮 原因されて、それが人間になぜ老いと死の問題の重要な手がかりを提供する。
海底には淡水資源が約20世紀採掘
にもかかわらず、地球の表面の部分を海に囲まれて、しかし現在世界的にも多くの地区にある状態でも水不足が深刻だと、現地の人とは限らないドリルで深井引き出す地下水。また、未処理の海水は直接飲めないという人も直接飲めない。
しかし、フリンダース大学1組の研究員の最新の調査結果によると、世界各地の大陸棚の近くで海底を隠すことができごじゅう万立方メートルに達するの淡水は、中にはもうこのような淡水発見準備の地域はオーストラリア、中国、北米や南アフリカで。
研究者は、これらの淡水資源の総埋蔵量は甚だしきに至っては過去1世紀の人類に地下採掘量のひゃく倍。
日本の火山の噴火の1 . 5倍形成新島面積の拡大
2013年じゅういち月22日午後、日本小笠原諸島の西の島付近に現れた火山の噴火で形成された「新島」。火山溶岩を埋めて海面東側陸地面積が増え、新島の面積は、ちょうど約1 . 5倍に拡大した時。飛行機による真上から撮影した写真の試算で、新島面積は約よんしよ万平方メートル。
発表によると、活発な火山活動が続く見込みで、新島がさらに大きくなって。分析によると、大量の火山溶岩から新島に流れた島東侧。
揚州煬帝墓発見を確認:古代最高レベル金玉帯
2013年じゅういち月じゅうろく日、国家文物局、中国考古学会は江蘇揚州組織召集揚州曹庄隋唐の墓考古の仕事の成果を確認し曹庄論半永久化妝証、揚州は隋唐の墓煬帝杨广夫人と萧后最後の埋葬の地。
古墳は2013年よんしよ月基本建設考古仕事中に発見されて以来、社会各界の注目を集め。論証会で、参加した専門家は、墓があり、規模、出土文物、墓誌文字などを議論した後で一緻、揚州曹庄隋唐の墓の発見は2013年の重大な考古成果が確認墓主M 1は煬帝、M 2墓主を煬帝夫人萧后、考古学の発見を裏付けた歴史文献の記載について。
posted by stairhea at 18:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

お仕事徒然

暦の上ではとっくに秋が始まっているようですがまだまだ暑いのでございます。

この夏やったカギの仕事を何回かに分けて書かせていたできます。



・・・



午前から午後にかかる時間でした。
携帯に役所から電話がありました。
「あの・・・カギを開けていただきたいんですが・・・おいくらぐらいかかるでしょうか・・・」
電話の人はケースワーカーの方でした。
僕は大体のお値段を言うと
「ありがとうございます。では、お願いできますか・・・もし(部屋の)中に(住人が)いなくても出張費はお支払いいたします・・・もし扉を叩いてすんなり出てきてもお支払いいたしますので・・・」

こういうケースというのは結構あるんです。
何らかの介護や支援を受けている人の一部には人と接触することを極端に嫌う人が少なからずいます。
今回のケースの人もいうなれば今までと同じく 知らんぷり を決め込んでケースワーカー、役所の人を困惑させている類の人だと僕も思っていました。

住人が住んでいる集合住宅まで行くと2人のケースワーカー(男女各一人)が扉を叩いていました。
「あの・・・(部屋の)中から声は聞こえるんですが・・・出てこようとはしないんです・・・何言っているかも聞き取れなくて・・・一か月ほど前にも同じようなことがあってレスキューがベランダの掃き出し窓を割って入ったんです・・・それからすぐに入院したんです・・・最近退院して・・・」

住人がどんな病を持っているか、そもそも病をもっているのかとかは僕には関係ありません。とにかく早急にカギ、というより扉を開けて状況を把握しなければなりませんでした。
ベランダからの侵入も考えましたがベランダは高所にありたどり着くにはかなり危険を重ねければいけないのであきらめました。掃き出し窓は割れたままだったのは確認できました。
僕は扉に戻りピックで開けようとすると
「この方(住人)は極端に人嫌いで・・・私たちにはかろうじて心を開いてくれるんですが・・・前回レスキューが入った時には扉が開かなくするように扉の内側に自分で細工していたんです・・・恐らくカギを開けても扉は開かないかもしれません・・・」

中からかすかに人の声がするのを聞きながらピッキングでカギを開けました。でも扉が開きません。ケースワーカーが言っていたようにおそらく内側に何らかの細工をしているようでした。
僕はバールで無理矢理こじ開けました。

バキン

軽と重を足して2で割ったような音を立てて扉が開きました。細工していました。

扉から2メートルほど離れた部屋の入口に横たわってこちらを向いている人間の頭がありました。何らかの表情はしていたのでしょうが恐らく僕と目が合っても彼は僕を認識していない状況、認識どころか意識がなく目を開けたまま言葉、声を発しているようでした。
女性のケースワーカーが
「○○さん、入りますよ」
と言って靴を脱いで入って数秒後
キャーッ!
と叫び声をあげました。
「骨が・・・骨が見えてる!」

時と場合、状況によるのですがカギ屋は扉の内側には入らないという暗黙の鉄則があります。
どういう状況かははっきりとはわかりませんでしたが住人は生きていたこと、そしてその住人の体の一部から骨が見えていたこと、自力で助けを呼べなかったことだけはわかりました。

住人が生存していたのでさっさと帰ってもよかったのですが僕は警察と救急車が来るまでケースワーカーの人と一緒に現場にいました。
posted by stairhea at 11:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする