2015年06月09日

腕を通してくれるらしい

あんなに小さかった姪が、もうすぐ成人式を迎えようとしている。誰もが言うように子供の成長は早く、そして時の経つのは早いのだ。ただただ可愛くて大切で愛おしかったあの子がもう大学生となり、今や自分よりもしっかりした女性となっている。その兒童餐椅姪はどうやら成人式に私達三姉妹の振袖のうちの一つに腕を通してくれるらしい。

成人式。

昨日のように思い出されるが、でも「遠い昔」ということも分かっている。地元に友達がいなかったから、式には参加せず、家族と時間を過ごした後、当時付き合っていた彼に自分の晴れ姿を見せたくて、着物を着て新宿南口まで繰り出した。私服で待ち合わせをする時も、「今日は可愛く見えるかな」なんて考えていた初々しい私だったから、「おかめ」のようなお化粧をしていようと牙齒美白も、いつもと違う「和」服を着ているこの日は、いつも以上に胸を高鳴らせ彼が来るのを待っていたに違いない。


私よりも遅れて来た彼は、「何か記念になるものを買おう」と行ってくれ、ミロードで1000円のリボン形をしたピアスを買ってくれた。ありがとう。ラインストーンが一つ取れてしまったけれど、大好きでまだ大切に使っているよ、、、、、哲。

成人式と言うと思い出すのは哲とのデートが主で、成人になったことへの感慨やその時の抱負などを全兒童健康く思い出さないのは、感慨も抱負もも無かったからだろうか。ただ綺麗な振袖を着ることが嬉しかった成人になり切れていない未熟な私と異なり、「母親」であるママはもちろん違う思いを持っていた。そして、そのことに初めて気付いた。いや、知らされた。
posted by stairhea at 12:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

我們在一起,你的話不多

我們在一起,你的話不多,只是默默地聽我在說對未來的憧憬嚮往,不時會輕輕地點頭,會心的微笑,但我們的心兒一起elyze減肥倘佯。
儘管沒有山盟海誓,信誓旦旦,當手挽手步入婚姻殿堂的那一刻,我們的心兒緊緊纏繞在一起,明白了對於彼此的責任與擔當,這才是應該信守的海枯石爛,地久天長。
我問過自己,我們是不是一見鍾情式的愛情?答案是否定的,我管它叫激情親子活動。 我堅信在相濡以沫,攜手共進的生活中才能產生永久不變,堅如鐵石的愛情。
愛情的結晶降生了,小生命更像你還是更像我?不知道,只知道“哇哇”的哭聲恰似在彈奏家庭幸福的樂章。看著你呵護孩子的溫情和哺乳時的精心,有一股芳香悄悄溜進我的心田。
風雨同舟並不像說說那樣輕鬆,風浪,荊棘,艱難困苦,四海漂泊的日子Pretty Renew 冷靜期,你用樸實的堅毅剛強相伴身旁,簡單的話語激勵鼓舞著我,全擔家務和孩子的成長教育,教我的手腳沒有了牽絆。
每當我暗暗對自己不能夠給予你小車豪宅,珠光寶氣,華服豔妝感到愧疚,深感無能之時,都會被你輕易的發覺,只在那時你會生氣發火,你會說“我從不眼羨那些東西,只要我們永遠在一起,幸福中的平淡也是最快樂的。“你的話語讓我好感動,每次我都在想:老天待我不薄,如此妻子,夫複何求落妝產品
posted by stairhea at 16:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

等一束陽光,暖心

不太喜歡冬天,因為怕冷,懼怕冬的寒涼。可這一生偏偏與冬有染,出生在雪天,注定一生淒涼吧。這個季節,沒有顏色,沒有花香,安靜,沉寂。常乳癌 症狀常的霧靄天氣,找尋不到一縷陽光,心情也隨著這天氣淒冷寒涼,憂傷總是會不期而至,在心裡恣意蔓延,不說悲喜,不說離殤,流瀉在指尖的總是淡淡的輕愁。

在冬天這個季節,很多的美麗,總是被歲月覆蓋了一層蒼涼。寒霜濃厚,北風呼嘯,日子那麼短,黑夜那麼長,乾燥的空氣,季節的薄涼,連呼吸都感到好沉重。樹上只有幾片殘留的葉子在孤零零的搖曳著,一片片落葉,一層層堆砌,一堆堆沉澱,終是找不到來過的痕跡。

風過,無聲;歲月,無痕。生命裡,總有些要隨風,總有些要入夢,總有些要留在心中,總有些要悄然遠去,當一種執念漫過記憶的牆,誰還在這個季節固執地守望?

等待是一個漫長的過程,連時光也會放慢腳步,蜷縮在光陰的角落裡,一個人取暖,一個人感傷。

空氣裡總是有一股冷冷的氣流撲面而來,淒冷的風浸骨透髓,連呼吸都感到痛。也許是宅得太久,從秋到冬,一個季節的蟄伏,一個季節的等待,心裡的寒涼與日俱增,誰在那兒悲傷,誰在寫著無人能懂的篇章,誰又能感受到寒冬裡的淒涼?

找不到一個出口,找不到一個理由,一行行跳動在指尖的字,在寒冷的冬夜,不知該飄向哪裡?一遍遍單曲循環那首熟悉的歌,墨香淡淡,遺落在歲月的素箋,寫不完的輕愁,淡不去的念想,那些飄散在風中的記憶,日漸風乾,不知道何時已平靜得無聲無息,滴滴點點,直到再也想不起。

記憶像根青藤,枝枝蔓蔓,寸寸節節,纏繞在心裡,只想把這一切交付於光陰,連同時光一起遠去。沒有枝蔓,青藤也會枯黃,在心裡留個空間,而不是全部。

冬天,好冷。真的很想踮起腳尖,更接近陽光,觸摸它的溫暖,嗅著它的味道,讓整個身心沐浴陽光,淺笑安然。

推開窗,窗外是躍動的流光,溫暖,美好。

等一束陽光,穿能量水透云層,灑滿心房,把每一天都度成最美的花開滿天……
posted by stairhea at 11:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする